自宅で参加できる読書会
NO. 00004823 DATE 2019 08 22

自負と偏見 の読書会ページ

自負と偏見(9784102131039)

自負と偏見

著者:Austen,Jane/著 中野好夫/翻訳 DalglishJack/著 オースティンJ./著

出版社:新潮社 (1997-07)

ISBN-10:4102131035

ISBN-13:9784102131039

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.195の気になるフレーズ

だが、その実シャーロットの親切は、とてもエリザベスなどの思いも及ばないところに、その狙いはあったのだった――つまり、ミスター・コリンズの鉾先を、すべて自分にひきつけてしまうことによって、もはや二度とふたたびエリザベスのほうには、向けさせないということだった。

総コメント数:1 投稿日時:2019-01-18 06:01:44

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

捨てる神あれば拾う神あり

へー、シャーロットがそんなふうに考えていたとは。
まあ、財産目当てとはいえ、ミスター・コリンズもまんざらではないでしょうし、
エリザベスにとってもいいことではないでしょうか。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-01-18 06:01:44