自宅で参加できる読書会
NO. 00004821 DATE 2019 08 22

自負と偏見 の読書会ページ

自負と偏見(9784102131039)

自負と偏見

著者:Austen,Jane/著 中野好夫/翻訳 DalglishJack/著 オースティンJ./著

出版社:新潮社 (1997-07)

ISBN-10:4102131035

ISBN-13:9784102131039

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.351の気になるフレーズ

エリザベスは、むしろそれらを興がって眺めるつもりだったが、やはり恥かしくて、それどころではなかった。彼女は、あらためてダーシーの反対理由の正しかったことを知った。

総コメント数:1 投稿日時:2019-01-29 05:36:30

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

恥かしい家族

エリザベスはダーシーの指摘にそうとう敏感になっていますね。
姉ジェーンとビングリーとの関係を
エリザベスの家族、特に母親と妹の不作法を理由に
反対されたとなれば、母や妹の行動が気になって当然ですね。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-01-29 05:36:30