自宅で参加できる読書会
NO. 00002560 DATE 2019 04 24

自負と偏見 の読書会ページ

自負と偏見(9784102131039)

自負と偏見

著者:Austen,Jane/著 中野好夫/翻訳 DalglishJack/著 オースティンJ./著

出版社:新潮社 (1997-07)

ISBN-10:4102131035

ISBN-13:9784102131039

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.436の気になるフレーズ

「そりゃ、リディアには気の毒だけどね、わたしたちとしては、とんだ有益な教訓にもなるわけね――女ってものは、一度貞操を失うと、もう取返しがつかない。一度身をあやまると、そのままズルズルっと、とめどもない破滅になるってことね。それからまた、女の評判なんてものは、美しいかわりに、ひどくもろい。だから、ろくでもない男たちに対しては、どんなに身を慎しんでも、慎しみすぎなんてことは、ぜったいにないってことよ」

総コメント数:1 投稿日時:2019-02-04 05:40:45

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

現在も駈落ちはある?

駈落ちというのは現在もあるのでしょうか。
そして、駈落ちをした場合、
現在も男性より女性の方に批判が集まるものなのでしょうか。
最近はこのあたりグレーな感じがします。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-02-04 05:40:45