自宅で参加できる読書会
NO. 00006354 DATE 2020 02 25

ヒトごろし の読書会ページ

ヒトごろし(9784103396123)

楽天へのリンク

ヒトごろし

著者:京極 夏彦

出版社:新潮社 (2018年01月31日)

ISBN-10:4103396121

ISBN-13:9784103396123

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.381の気になるフレーズ

「こいつを差しているってことは、人を斬るぞと言っているようなものだし、同時に斬られても仕方がねえということよ。俺はそう心得ているがな」

総コメント数:1 投稿日時:2018-09-29 06:02:53

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

歳三の死生観

人を殺めてはいけない。
これを受け入れる一つの理由は、
自分も犠牲になることを防ぐためだと思う。
だって、基本的に、だれもが自分は死にたくないと思うだろうから。

でも、この本で歳三は人を殺める。
ただし、自分が死ぬことも想定している。

この考え方が正しいとは思いませんが、
矛盾はしていないなと思いました。

投稿者:goodbook 投稿日時:2018-09-29 06:02:53