自宅で参加できる読書会
NO. 00006775 DATE 2018 12 13

書籍情報

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編(9784103534334)

この本のアマゾンへのリンク

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

村上 春樹著

出版社:新潮社 (2017-02-24)

ISBN-10:9784103534334

ISBN-13:9784103534334

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

P.43 の気になるフレーズ

たしかにぼくは顔の特徴を素早く摑む訓練を積んでいます。

総コメント数:1 投稿日時:2017-03-22 06:24:46

P.100 の気になるフレーズ

人の首を刎ねるのに馴れることができる人間は少なからずいるはずだ。人は多くのものごとに馴れていくものだ。とくに極限に近い状態に置かれれば、意外なほどあっさり馴れてしまうかもしれない

総コメント数:1 投稿日時:2017-03-29 08:31:46

P.118 の気になるフレーズ

「たとえ一本の箒だって、私はそれを音楽で克明に描くことができる」と豪語したのはリヒアルト・シュトラウスだった。

総コメント数:1 投稿日時:2017-03-29 08:38:38

P.129 の気になるフレーズ

私にとって大事な意味を持つのは作品自体より、むしろその手応えなのだ。

総コメント数:1 投稿日時:2017-03-29 08:52:17

P.141 の気になるフレーズ

「試練は人生の仕切り直しの好機なんです。きつければきついほど、それはあとになって役に立ちます」

総コメント数:1 投稿日時:2017-03-31 06:58:52

P.145 の気になるフレーズ

ですから生きているあいだは精一杯生きます。自分に何がどこまでできるかを確かめてみたい。退屈している暇はありません。私にとって、恐怖や空虚さを感じないようにする最良の方法は、何よりも退屈をしないことなのです

総コメント数:1 投稿日時:2017-04-03 06:41:00

P.171 の気になるフレーズ

瓶からグラスにウィスキーを注ぐときに、とても気持ちのよい音がした。親しい人が心を開くときのような音だ。

総コメント数:1 投稿日時:2017-04-04 06:40:36

P.197 の気になるフレーズ

「でもあえてぼくが馬鹿げたことをしなくても、現実というのはそれ自体でじゅうぶんたがをはずしているみたいに見える。だから自分一人くらいはできるだけまともに振る舞っていたいと思うんだよ」

総コメント数:1 投稿日時:2017-04-04 06:48:44

P.276 の気になるフレーズ

「私は普通の人間ですと自己申告するような人間を信用してはいけないと、スコット・フィッツジェラルドがどこかの小説に書いていた」

総コメント数:1 投稿日時:2017-04-05 06:22:10