本の読み方が変わる。
NO. 00000112 DATE 2018 08 17

書籍情報

突然ノックの音が (新潮クレスト・ブックス)(9784105901165)

この本のアマゾンへのリンク

突然ノックの音が (新潮クレスト・ブックス)

Etgar Keret(原著) 母袋 夏生(翻訳) エトガル ケレット著

出版社:新潮社 (2015-02-27)

ISBN-10:4105901168

ISBN-13:9784105901165

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

P.5 の気になるフレーズ

「この国じゃ、なにかほしかったら、力ずくじゃないとダメなんだ」と、男はいう。彼はスウェーデンから移民してきたばかりで、スウェーデンではまったくちがう、という。あそこじゃ、なにかほしいときには礼儀正しく頼む、そうすれば、たいてい手に入る。だけど、酸欠で息がつまりそうな中東じゃそうはいかない。(中略)パレスチナ人はきちんと国を要求した。手に入れたか?小便を引っかけられた。で、子どもが乗ったバスの爆破に切りかえたら、聞いてもらえるようになった。

総コメント数:3 投稿日時:2018-08-10 06:08:44

P.26 の気になるフレーズ

ブラジルの浜辺でチョウチョが羽をバタバタさせると、その結果、地球の反対側でトルネードが発生して逆巻くというバタフライ・エフェクトについての理論があって、それも、たしかMIT発信だったとぼくは思う。トルネードはもともとの論文にある例証だ。もちろん、チョウチョが羽をバタバタさせると恵みの雨がもたらされるという例証でもよかったが、この理論を推し進めた科学者たちはトルネードを選んだ。(中略)可能性に詳しい科学者たちは、なんらかの弊害の可能性は有益効果の可能性より千倍も高い、とわかっていたからなのだ。

総コメント数:1 投稿日時:2018-08-10 06:27:19

P.98 の気になるフレーズ

「オレはおまえが、人生が空っぽだから泣いている、なにもなくて意味がないから泣いてる、といいたいんだ。それに、なかが空っぽのときは……」ウズィは自分の心臓のちょっと右よりをさわりながらいう。「あたりに意味のあるものはないか見まわして、なにかあれば自分の内に取り込む、そしてあわてずに栓をする。そんなふうに、意味のあるものが輸入業者から送られてくるまでやってくのさ。そういうときに、いまのエチオピア・サンドイッチは格好の栓なんだ」

総コメント数:1 投稿日時:2018-08-15 09:42:20