自宅で参加できる読書会
NO. 00007922 DATE 2019 08 24

あの素晴らしき七年 の読書会ページ

あの素晴らしき七年(9784105901264)

楽天へのリンク

あの素晴らしき七年

著者:エトガル・ケレット/秋元孝文

出版社:新潮社 (2016年04月27日)

ISBN-10:4105901265

ISBN-13:9784105901264

意見、感想、コメントなど

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

<< 前へ  1 | 2 | 3 

P.123 の気になるフレーズ

ある日機械の中に腕時計が落ちてしまい、本能的にその機械のはらわたへと手を伸ばした時には、鋭利な刃が彼の指を切り落としてしまっていた。
「ほんのコンマ何秒かのことだったんだよ」と彼はため息をつきながら言った。「すぐに俺の脳が、この機械に手を突っ込んじゃいけない、って命令を下して、おかげで残りの九本は無事ってわけさ」

総コメント数:1 投稿日時:2018-08-08 05:19:47

P.132 の気になるフレーズ

「わしは人生を愛しとる」と父は医者に向かって譲らない笑顔を見せて言った。「もし人生の質が良ければそりゃ結構。質が悪けりゃ、それはそれで仕方ない。えり好みはせんよ」

総コメント数:1 投稿日時:2018-08-09 05:50:49

P.132 の気になるフレーズ

病院から帰るタクシーの中で父さんは、まるで五歳に戻った子の手を引いて車の多い道路を渡ろうとしているかのようにぼくの手を握った。

総コメント数:1 投稿日時:2018-08-11 10:09:50

P.151 の気になるフレーズ

鍼師はそこで冷や汗を流しながら伏せていた。双眼鏡を覗き、手描きの口ヒゲをたたえた、まだ二十歳で、どうしてよいかわからない男が。

総コメント数:1 投稿日時:2018-08-11 10:01:56

P.154 の気になるフレーズ

アルコールで朦朧としていても、父さんにはこの女性が自分の人生で会った中でも一番美しく魅力的なひとだということがわかった。父さんはポケットから電気技師用のメモ帳を取り出して、必要な時にはいつでも使えるようにと右の耳に挟んである鉛筆をひっつかみ、母さんのところに行って、エフライム・ケレット警部です、と名乗り、事件を目撃されましたか、と質問した。

総コメント数:3 投稿日時:2018-08-09 06:03:59

P.155 の気になるフレーズ

一週間後、ぼくたちはカップルになった。ひと月のちに彼女に、あのナイトクラブの入り口での「キスして」は、女の子の口から聞いたもっとも大胆な一言だったよ、とぼくは言った。彼女はぼくを見て微笑んだ。「あたしは、タクシーつかまらないわよ、って言ったのよ」と彼女は言った。聞き間違えて、よかった。

総コメント数:3 投稿日時:2018-08-09 06:17:30

P.162 の気になるフレーズ

でもベッドで眠りにつく前にあと数分だけ三人っきりでいよう。

総コメント数:1 投稿日時:2018-08-09 06:23:46

P.165 の気になるフレーズ

「いいかい、パパやレヴがいるこの世界で生きていくってのは、ときとしてすっごく辛かったりもするんだ。だから、そこに生まれた人にはみんな、少なくとも一人は誰か守ってくれる人がいる。そうであってこそ、フェアだと思わない?」
「じゃあパパは?」とレヴが聞いた。「おじいちゃんが死んじゃって、これからは誰がパパを守ってくれるの?」レヴの前ではぼくは涙を見せなかった。でもその日の夜、ロサンゼルスへ向かう飛行機の中で、ぼくは泣いた。

総コメント数:3 投稿日時:2018-08-12 08:14:11

P.177 の気になるフレーズ

「パストラミ・サンドイッチごっこ、する?」とぼくはレヴに聞いた。

総コメント数:1 投稿日時:2018-08-15 09:29:08

<< 前へ  1 | 2 | 3