自宅で参加できる読書会
NO. 00001512 DATE 2020 01 29

このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年 の読書会ページ

このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年(9784105910068)

楽天へのリンク

このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年

著者:J・D・サリンジャー/金原 瑞人

出版社:新潮社 (2018年06月29日)

ISBN-10:410591006X

ISBN-13:9784105910068

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.41の気になるフレーズ

いまベイブは、画家ミハイロフのアトリエにいて、そばにはアンナ・カレーニナとヴロンスキー伯爵がいる。数分前までは、ゾシマ長老、アリョーシャ・カラマーゾフといっしょに僧院の下の前廊にいた。一時間前は、ジェイ・ギャツビー(本名ジェイムズ・ギャツ)邸の大きくて寂しい芝生に歩いていた。そしていまは、ミライロフのアトリエをさっさと出て、次は早く五番アヴェニューと四十六番ストリートの交差点へいこうと思っていた。大柄な警官、ベン・コリンズとふたりで、エディス・ドールという女の子が車でやってくるのを待つんだ……。

総コメント数:1 投稿日時:2019-09-20 06:11:03

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

たのしい妄想

このベイブの妄想、いいですね。
ただ、残念なのは、最後の「ベン・コリンズとエディス・ドール」のくだりが、
何の作品かわからないこと。
わかる方いたら教えてください。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-09-20 06:11:03