自宅で参加できる読書会
NO. 00004507 DATE 2020 09 28

さよならまでの読書会 の読書会ページ

さよならまでの読書会(9784152093905)

さよならまでの読書会

著者:ウィル・シュワルビ/著 高橋知子/翻訳

出版社:早川書房 (20130724)

ISBN-10:4152093900

ISBN-13:9784152093905

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.40の気になるフレーズ

当初は、自由な時間がほとんどないのに、母と同じ本を読むなんて時間の無駄遣いだし、母の役に立つことも、予定している本を読むこともできなくなってしまうと思ったのを覚えている。しかし、わたしが必ずや気に入るであろう本を読みかけてもいないとなれば、母の声に落胆の色がにじむのは予測されたので、わたしは母が渡してくれたり勧めてくれたりした本を片端から読み、わたしのほうからも母が好きそうな本を勧めた。こうやって、母は知らないうちにブッククラブをつくり、わたしは不本意ながらも参加したと言っていいだろう。

総コメント数:1 投稿日時:2019-08-06 05:18:07

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

読書の動機

読書を始めるのに色々な動機がありますが、こんな優しい動機もいいなと思いました。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-08-06 05:18:07