自宅で参加できる読書会
NO. 00001745 DATE 2019 12 10

さよならまでの読書会 の読書会ページ

さよならまでの読書会(9784152093905)

さよならまでの読書会

著者:ウィル・シュワルビ/著 高橋知子/翻訳

出版社:早川書房 (20130724)

ISBN-10:4152093900

ISBN-13:9784152093905

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.127の気になるフレーズ

これまでに訪れた難民キャンプをふり返ると、それがどこの国であっても、いつも同じものを求められた。本よ。薬や避難所よりもまず本を、と言われることもあった。自分の子どもに読ませる本をほしがってた

総コメント数:1 投稿日時:2019-08-10 06:29:27

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

『本』の存在

人間が苦しく大変なときに求めるものは『本』なんですね。
意外とも思えるし、そうかとも思える。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-08-10 06:29:27