自宅で参加できる読書会
NO. 00000687 DATE 2019 08 19

さよならまでの読書会 の読書会ページ

さよならまでの読書会(9784152093905)

さよならまでの読書会

著者:ウィル・シュワルビ/著 高橋知子/翻訳

出版社:早川書房 (20130724)

ISBN-10:4152093900

ISBN-13:9784152093905

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.154の気になるフレーズ

本というのは単にある特定の時代や場所だけでなく、人間の精神をも題材にしている、と言う必要性を感じるときが往々にしてある。たとえば『アンネの日記』やエリ・ヴィーゼルの『夜』、イシメール・ベアの『戦場から生きのびて――ぼくは少年兵士だった』だ。とはいえ、本は特定の時代や場所の向こうにある普遍的なものを語りうると思うのと、その作品が書かれた状況や時代を度外視するのはべつのことだ。

総コメント数:1 投稿日時:2019-08-10 06:57:53

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

本から学ぼうとするときの注意点

わかるような気もするけど。
こういう態度で本を読もうとするのはなかなか難しそうです。
訓練が要りそう。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-08-10 06:57:53