自宅で参加できる読書会
NO. 00001926 DATE 2018 10 24

書籍情報

地下鉄道(9784152097309)

この本のアマゾンへのリンク

地下鉄道

谷崎 由依(翻訳) コルソン ホワイトヘッド,Colson Whitehead著

出版社:早川書房 (2017-12-06)

ISBN-10:9784152097309

ISBN-13:9784152097309

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

1 | 2 | 3 | 4  次へ >>  

P.15 の気になるフレーズ

農園の柵を越えて逃げることは、自分が存在する根源的な原理を越えて逃げること――つまり、不可能。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-19 05:30:55

P.25 の気になるフレーズ

生まれた小屋を離れて夜をすごすのははじめてだった。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-20 06:42:24

P.29 の気になるフレーズ

最初の一撃は犬小屋の屋根に打ち下ろされ、尻尾を半分切断された悲鳴があがった。犬は飼い主の小屋の真下に掘った隠れ穴へ這っていった。次の一撃は犬小屋の左半分をひどく傷つけて、最後の一撃でとどめを刺した。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-21 07:45:34

P.32 の気になるフレーズ

片方の端では、罠漁師が洗い熊の皮を剥いでいた。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-21 07:48:23

P.33 の気になるフレーズ

惨めさには順番がある。惨めさのうちに仕舞い込まれた惨めさ。順に辿るようにできている。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-21 07:51:25

P.38 の気になるフレーズ

「その点については、きみを信用しなくちゃならない。でもぼくは間もなく出ていくし、一緒に来てほしい。運を引き寄せるためにね」

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-21 07:59:46

P.61 の気になるフレーズ

ビッグ・アンソニーが油を掛けられ火あぶりにされるあいだ、ランドルの客たちは香辛料で味付けしたラム酒を啜っていた。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-22 06:47:26

P.72 の気になるフレーズ

速度を上げると目眩がした。このことの無謀さゆえに。声をあげる者などいないのに、恐怖が彼らを背後から呼んだ。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-22 06:57:27

P.86 の気になるフレーズ

シーザーはろくに言葉が出ないようだった。「このトンネルはどれくらい続いているんだい」
ランブリーは肩をすくめた。「きみらの用が足りるくらいさ」
「何年もかかっただろうね」
「きみの想像以上さ。換気の問題を解決するのに、ちょっと手間取ってね」
「誰が作ったの」
「この国にあるものすべて、誰が作った?」

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-22 07:04:18

P.90 の気になるフレーズ

次に太陽の許に出たときには、彼らはサウス・カロライナにいた。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-23 05:25:31

1 | 2 | 3 | 4  次へ >>