自宅で参加できる読書会
NO. 00001912 DATE 2022 11 26

ザリガニの鳴くところ の読書会ページ

ザリガニの鳴くところ(9784152099198)

楽天へのリンク

ザリガニの鳴くところ

著者:ディーリア・オーエンズ/友廣 純

出版社:早川書房 (2020年03月05日頃)

ISBN-10:4152099194

ISBN-13:9784152099198

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.14の気になるフレーズ

これは道徳レベルを問うような話ではなく、単純に頻度の問題だと言えるだろう。彼らが生きる世界では、ハトであってもタカと同じように戦わねばならないことが多いのだ。

総コメント数:4 投稿日時:2022-04-16 06:00:57

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

タイトル、コメントは非公開

投稿者:kamiyamaeiha 投稿日時:2022-04-16 06:00:57

2

私たちが生きている世界もそうなのかな?
自分でも気づかないうちにハトであってもタカと同じように戦っているんだろうか。
ふと、そんな想いが浮かびました。

投稿者:goodbook 投稿日時:2022-04-16 10:17:16

3

サバイバル

ハトがハトらしくしているだけでは生き残れなかったり、攻撃されてしまったりするのかもしれません。
自衛のため、タカのように鋭いくちばしを持っているかのようにふるまうことが、自分にもあるような気がします。

投稿者:kamiyamaeiha 投稿日時:2022-04-27 05:08:28

4

能あるハトは

「能ある鷹は爪を隠す」っていいますが、
「能あるハトは爪を持つように見せる」(語呂悪い…)
って感じでしょうか。

投稿者:goodbook 投稿日時:2022-04-27 06:03:46