自宅で参加できる読書会
NO. 00000926 DATE 2018 12 10

書籍情報

自由ってなに?人間はみんな自由って、ほんとう? (10代の哲学さんぽ 2)(9784265079025)

この本のアマゾンへのリンク

自由ってなに?人間はみんな自由って、ほんとう? (10代の哲学さんぽ 2)

モルガン・ナヴァロ(イラスト) 伏見 操(翻訳) アニサ・カルテル著

出版社:岩崎書店 (2010-11-23)

ISBN-10:4265079024

ISBN-13:9784265079025

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

P.30 の気になるフレーズ

現在の法律では、ボスに命令されて、部下がしぶしぶ犯した犯罪でも、犯人はあくまでも部下で、部下は自分の行動の責任をとらなくてはならない。命じられたことであっても、犯罪を実行したのは部下であり、ボスに拒否しなかったことで、悪事に手をかしたことになるからだ。

総コメント数:1 投稿日時:2018-03-31 10:25:36

P.54 の気になるフレーズ

「自由な時間」ときくと、現代に暮らすわたしたちは、たいてい休暇や余暇を想いうかべる。それは勉強も仕事もしなくていい時間。しばしば、遊びの予定がびっしり詰まっている。
(中略)
しかし、古代ギリシャの哲学者にとっての「自由な時間」は、それとはまったくべつのものだ。
彼らにとっては、「からっぽになる時間」「なにひとつ予定のない時間」であり、あれこれいそがしく動きまわる生活にたいする、深呼吸のようなひとときだ。けっしてなにかべつの予定でうめるための時間ではない。

総コメント数:4 投稿日時:2018-03-31 10:33:42

P.60 の気になるフレーズ

自由な精神は、ただ待っているだけでは、けっして手に入らない。自分からすすんでさがしにいき、努力して身につけるものなのだ。そして、いったん手にいれても、なくさないようにいつも気をつけて、守りつづける必要がある。

総コメント数:1 投稿日時:2018-03-31 10:47:51

P.66 の気になるフレーズ

日本の法律では、成人に達するのは二十歳。
しかし精神的には、もっと前になる人もいれば、後になる人もいる。大人になるには、ひとりひとりがまったくちがった道すじをたどるのだ。

総コメント数:1 投稿日時:2018-04-08 09:27:49

P.74 の気になるフレーズ

ルソーは言っている。わたしたちは、非人間的な法律にしたがうほうが、人間にしたがうよりも、ずっと自由でいられる、と。

総コメント数:2 投稿日時:2018-04-08 09:29:06