自宅で参加できる読書会
NO. 00005694 DATE 2018 12 13

書籍情報

10代の哲学さんぽ (9) 働くってどんなこと?人はなぜ仕事をするの?(9784265079155)

この本のアマゾンへのリンク

10代の哲学さんぽ (9) 働くってどんなこと?人はなぜ仕事をするの?

ジョシェン・ギャルネール(イラスト) 伏見 操(翻訳) ギヨーム・ル・ブラン著

出版社:岩崎書店 (2017-02-01)

ISBN-10:4265079156

ISBN-13:9784265079155

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

P.16 の気になるフレーズ

マーフィーは仕事をさがそうとしない。なぜなら仕事は単なる「手段」のはずなのに、多くの人にとっては「目的」になってしまっているから。

総コメント数:1 投稿日時:2017-05-06 10:29:13

P.19 の気になるフレーズ

「生きるために食べるのであって、食べるために生きてはならない」

総コメント数:1 投稿日時:2017-05-07 10:23:21

P.30 の気になるフレーズ

ものをつくったり、サービスを提供したりして働く目的は、ただ報酬を得ることだけではない。それは自分だけの限られた世界よりもずっと大きな世界に入っていくこと。

総コメント数:1 投稿日時:2017-05-07 13:41:17

P.49 の気になるフレーズ

きみたち子どもから見たら、仕事なんてただ辛く苦しい拷問みたいなもので、仕事がなかったらどれほど人生が楽しくなるかと思うかもしれない。

総コメント数:1 投稿日時:2017-05-08 14:04:36

P.58 の気になるフレーズ

どれほど小さな仕事でも、かならずほかの仕事につながっている。それがさらにべつの人の、べつの仕事につながり、病院、学校、会社などといった、大きな職場組織を形成する。ひとりの働き手がしたことは、かならずほかの多くの働き手のすることにつながる。まるで全員でひとつの大きなダンスを踊っているように。

総コメント数:1 投稿日時:2017-05-10 11:10:06

P.66 の気になるフレーズ

仕事というのは単に生きていくために必要なだけではなくて、気後れすることなく胸を張り、品位をもってくらすのを支えてくれるものだったということなのだ。

総コメント数:1 投稿日時:2017-05-10 14:03:16

P.76 の気になるフレーズ

働くことを拒否して、生活保護だけで生きていくことにしたフランスの人々のドキュメンタリー映画を、きみは見たことがあるだろうか。じつは彼らは働くのがいやだと言っているわけではない。ひどい条件で問答無用に働かされることに、ノーを唱えているのだ。

総コメント数:1 投稿日時:2017-05-11 11:26:40

P.81 の気になるフレーズ

ただ仕事のあるなしや、仕事の種類といった色眼鏡をとおして、人間を見てほしくないだけだ。

総コメント数:1 投稿日時:2017-05-11 11:57:26