自宅で参加できる読書会
NO. 00002221 DATE 2018 12 13

書籍情報

10代の哲学さんぽ (10) 時間ってなに?流れるのは時?それともわたしたち?(9784265079162)

この本のアマゾンへのリンク

10代の哲学さんぽ (10) 時間ってなに?流れるのは時?それともわたしたち?

ジョシェン・ギャルネール(イラスト) 伏見 操(翻訳) クリストフ・ブトン著

出版社:岩崎書店 (2017-02-25)

ISBN-10:4265079164

ISBN-13:9784265079162

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

P.23 の気になるフレーズ

人間にはどうにもできない、さまざまな縛りもある。たとえば、時を止めることはぜったいに不可能だ。

総コメント数:3 投稿日時:2017-09-28 10:25:14

P.30 の気になるフレーズ

時はつねに進んでいく。ぼくらはそれを止められない。物理学者エチエンヌ・クラインは、時間を「車輪のついた牢獄」と表現している。

総コメント数:1 投稿日時:2017-10-01 10:20:29

P.54 の気になるフレーズ

待つのはたいくつで、いやなもの。ぼくらは望みが今すぐかなうことを願うけれど、時間はぼくらに辛抱することを教えてくれる。

総コメント数:2 投稿日時:2017-10-02 11:04:38

P.58 の気になるフレーズ

どんなできごともいつかかならず過去になる。過去とは、過ぎ去ったすべてのもの。それは何とも不思議なものだ。過去はもうここには存在せず、消えてしまったのに、過去に起こったことをきれいさっぱり消し去って、なしにすることはできないから、やっぱり存在していることになる。

総コメント数:1 投稿日時:2017-10-06 11:03:05

P.74 の気になるフレーズ

何かをえらぶということは、べつの何かをあきらめることなのだ。

総コメント数:1 投稿日時:2017-10-07 12:00:46