自宅で参加できる読書会
NO. 00003733 DATE 2020 07 09

馬鹿たちの学校 の読書会ページ

馬鹿たちの学校(9784309205533)

馬鹿たちの学校

著者:Sokolov,Sasha/著 東海晃久/翻訳 SokolovAlexander/著 ほか

出版社:河出書房新社 (2010-12)

ISBN-10:4309205534

ISBN-13:9784309205533

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.28の気になるフレーズ

私たちのカレンダーはあまりに仮のものでありすぎて、そこに書いてある数字だって、何を指し示しているわけでもなく、偽札のように何のお墨付きもない。例えば、一月一日のあとに二日が来ても、すぐに二十八日は来ないのは当然だなんてどうして言えるでしょうか。そもそも日が一日一日と続いて行けるものでしょうか、それって詩的な戯れ事か何かなんですよ――

総コメント数:2 投稿日時:2019-06-23 16:10:44

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

時間の織物

時間というものの概念に懐疑的なのは、ナボコフとの共通点だなと思います。ちなみに、ナボコフはこの作品を高く評価していたそうです。

投稿者:kukka55 投稿日時:2019-06-23 16:10:44

2

時間の概念を考えると・・・

頭こんがらかってきそうです。
普通、「二日の次は三日」という小学生でも知っていることなんですが。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-06-24 05:59:12