自宅で参加できる読書会
NO. 00001438 DATE 2019 08 19

アメリカーナ の読書会ページ

アメリカーナ(9784309207186)

楽天へのリンク

アメリカーナ

著者:チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ/くぼた のぞみ

出版社:河出書房新社 (2016年10月27日)

ISBN-10:4309207189

ISBN-13:9784309207186

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.39の気になるフレーズ

一番の親友オクウティバまでがしょっちゅう、彼の事を偉ぶらないやつだといった。これにはさすがにちょっと苛々した。オクウティバには、彼のことを偉ぶらないと呼ぶことが無礼を当然とみなすことになる、と気づいてほしかったのだ。

総コメント数:2 投稿日時:2018-08-23 10:36:55

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

褒め言葉のつもりでも

たしかに「偉ぶらない」って褒め言葉じゃないですね。

投稿者:kukka55 投稿日時:2018-08-23 10:36:55

2

気を配る

なんとなくですが、この状況理解できます。
オクウティバは「偉ぶらない」という言葉を「親しみやすい」位の意味で
使っていそうですね。
でも、その「偉ぶらない」という言葉の裏には、
「オクウティバが潜在的に相手のことを少し下に見ている」
という含意がある。それにオクウティバは気づいていない。

こういう状況は、よくあると思います。
自分もそういうところに気を配れる人になりたいですね。

投稿者:goodbook 投稿日時:2018-08-24 05:28:05