自宅で参加できる読書会
NO. 00002321 DATE 2018 12 12

書籍情報

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)(9784334751067)

この本のアマゾンへのリンク

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

亀山 郁夫(翻訳) ドストエフスキー著

出版社:光文社 (2006-09-07)

ISBN-10:4334751067

ISBN-13:9784334751067

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

P.64 の気になるフレーズ

まことの現実主義者で、かつ何の宗教も信仰していない人間は、どんなときも奇跡を信じずにいられる強さと能力をもっているものである。

総コメント数:1 投稿日時:2017-08-29 15:44:59

P.76 の気になるフレーズ

そう、彼はよくわかっていた。労苦と悲哀、そしてなんといっても、いつの世も変わらない不正や、自分だけでなく、全人類のたえざる罪に苦しめられているロシア民衆のおだやかな魂にとって、聖物もしくは聖人の姿を目にし、その場にひれ伏して拝むこと以上に大きな望みや慰めはないのだ。

総コメント数:1 投稿日時:2017-08-29 15:52:16

P.360 の気になるフレーズ

「全然です」
「ってことは、完全なゼロか、何かがあるんだ。ひょっとして、なにがしかはあるんじゃないかね?どっちにしろ無ってことはなかろう!」

総コメント数:1 投稿日時:2017-08-29 15:40:25