自宅で参加できる読書会
NO. 00001593 DATE 2020 07 17

カラマーゾフの兄弟(5(エピローグ別巻)) の読書会ページ

カラマーゾフの兄弟(5(エピローグ別巻))(9784334751333)

楽天へのリンク

カラマーゾフの兄弟(5(エピローグ別巻))

著者:フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス/亀山郁夫

出版社:光文社 (2007年07月20日頃)

ISBN-10:4334751334

ISBN-13:9784334751333

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.195の気になるフレーズ

はじめに置かれた「著者より」のなかに、たいせつなのは続編、つまり「第二の小説」であり、それは今現在のこと、第一の小説が書かれた十三年後のこと、と記されている。しかし周知のように、「第二の小説」のプランは、作者の突然の死によって永久に完成を見ずに終わった。

総コメント数:1 投稿日時:2019-11-17 06:01:41

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

「第二の小説」読んでみたい

カラマーゾフの兄弟を読んで、なんとなく釈然としない気持ちになるのは、
この「第二の小説」が読めないからなんでしょうね。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-11-17 06:01:41