自宅で参加できる読書会
NO. 00001447 DATE 2020 07 04

カラマーゾフの兄弟(5(エピローグ別巻)) の読書会ページ

カラマーゾフの兄弟(5(エピローグ別巻))(9784334751333)

楽天へのリンク

カラマーゾフの兄弟(5(エピローグ別巻))

著者:フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフス/亀山郁夫

出版社:光文社 (2007年07月20日)

ISBN-10:4334751334

ISBN-13:9784334751333

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.243の気になるフレーズ

修道院への寄進、最初の癲癇の発作のさいに見せたスメルジャコフへのつかの間の思いやり、アリョーシャとの、一瞬とはいえ心温まるやりとり……子どもの将来をかえりみない、あくまでも自己の欲望にすなおな父親像に、フョードルのむきだしの人間性に、底知れぬ深みさえ感じとる読者も少なくないだろう。

総コメント数:1 投稿日時:2019-11-23 05:56:13

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

むきだしの人間性、底知れぬ深み

「むきだしの人間性に、底知れぬ深み」という表現は
フョードルを描写するのにぴったりの言葉だと思いました。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-11-23 05:56:13