自宅で参加できる読書会
NO. 00000895 DATE 2020 08 15

変身/掟の前で の読書会ページ

変身/掟の前で(9784334751364)

楽天へのリンク

変身/掟の前で

著者:フランツ・カフカ/丘沢静也

出版社:光文社 (2007年09月)

ISBN-10:4334751369

ISBN-13:9784334751364

意見、感想、コメントなど

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

P.123 の気になるフレーズ

「さて」とザムザ氏が言った。「これでわれわれも神に感謝できるぞ」。十字を切ると、3にんの女もそれにならった。グレーテは死体から目をそらさず、こう言った。「ほら、なんてやせているんだろう。ずいぶん長いあいだ、なんにも食べてなかったからね。食べ物が部屋に入ってきても、そのまま出ていっちゃってたんだ」。実際、グレーゴルのからだは、完全にぺちゃんこで、からからに乾いていた。

総コメント数:1 投稿日時:2020-05-17 07:31:26

P.139 の気になるフレーズ

ちなみに、自由ということを人間たちはあまりにもしばしば勘違いしている。自由はもっとも高貴な感情と思われていますが、それに対応する錯覚もまた、もっとも高貴な感情だと思われているのです。

総コメント数:1 投稿日時:2020-05-19 06:33:40

P.153 の気になるフレーズ

門番はどれも受けとったが、受けとりながらこう言った。「受けとってやるが、ただそれは、お前のためにすぎん。なにか、し忘れたことがあったんじゃないかと、おまえが思わんように」。

総コメント数:1 投稿日時:2020-05-19 06:43:03

P.179 の気になるフレーズ

くり返しは国語の時間でも嫌われ者だ。なぜだろう? 私は、毎日おなじドックフードにも尻尾をふる。くり返しは好物だ。というだけでなく、くり返しはレトリックの基本でもある。カフカはくり返しを多用している。

総コメント数:1 投稿日時:2020-05-19 06:53:02