自宅で参加できる読書会
NO. 00000211 DATE 2020 05 25

変身 掟の前で : 他2編 の読書会ページ

変身 掟の前で : 他2編(9784334751364)

変身 掟の前で : 他2編

著者:Kafka,Franz/著 丘沢静也/翻訳 カフカフランツ/著

出版社:光文社 (2007-09)

ISBN-10:4334751369

ISBN-13:9784334751364

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.123の気になるフレーズ

「さて」とザムザ氏が言った。「これでわれわれも神に感謝できるぞ」。十字を切ると、3にんの女もそれにならった。グレーテは死体から目をそらさず、こう言った。「ほら、なんてやせているんだろう。ずいぶん長いあいだ、なんにも食べてなかったからね。食べ物が部屋に入ってきても、そのまま出ていっちゃってたんだ」。実際、グレーゴルのからだは、完全にぺちゃんこで、からからに乾いていた。

総コメント数:1 投稿日時:2020-05-17 07:31:26

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

思っていたのと少し違いました

昔からカフカの『変身』のことは知ってはいましたが、まともに読んだのは初めてでした。自分の思っていた印象とはけっこう違っていました。

自分達の宇宙が虫の中の細胞の一つにすぎない、というような話があったような気がするのですが、それとごっちゃになっていました。

投稿者:goodbook 投稿日時:2020-05-17 07:31:26