自宅で参加できる読書会
NO. 00000210 DATE 2020 05 25

変身 掟の前で : 他2編 の読書会ページ

変身 掟の前で : 他2編(9784334751364)

変身 掟の前で : 他2編

著者:Kafka,Franz/著 丘沢静也/翻訳 カフカフランツ/著

出版社:光文社 (2007-09)

ISBN-10:4334751369

ISBN-13:9784334751364

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.139の気になるフレーズ

ちなみに、自由ということを人間たちはあまりにもしばしば勘違いしている。自由はもっとも高貴な感情と思われていますが、それに対応する錯覚もまた、もっとも高貴な感情だと思われているのです。

総コメント数:1 投稿日時:2020-05-19 06:33:40

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

錯覚でもいい

なんとなくわかるような…。
自由だと思っていても、それは実は錯覚で、
何らかの物事に束縛されている。
でも、「それでいいじゃん、自由だと思ってんだから」っていうことかな。

投稿者:goodbook 投稿日時:2020-05-19 06:33:40