自宅で参加できる読書会
NO. 00000607 DATE 2020 07 09

月と六ペンス の読書会ページ

月と六ペンス(9784334751586)

楽天へのリンク

月と六ペンス

著者:ウィリアム・サマセット・モーム/土屋政雄

出版社:光文社 (2008年06月)

ISBN-10:433475158X

ISBN-13:9784334751586

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.251の気になるフレーズ

つまらない考えを飾ろうとして偽りの強調を重ねているうち、感受性が鈍る。(中略)だが、ストリーブは違った。救いがたい道化ではなっても、魂は誠実で偽りがない。その魂同様、美への理解と愛情も誠実で偽りがなかった。

総コメント数:1 投稿日時:2020-06-23 05:55:07

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

誠実さ

『つまらない考えを飾ろうとして偽りの強調を重ね』
自分はこれを普段からずっとやっているような気がする。
もっと誠実さを持ちたい。

投稿者:goodbook 投稿日時:2020-06-23 05:55:07