自宅で参加できる読書会
NO. 00003209 DATE 2021 10 20

八月の光 の読書会ページ

八月の光(9784334753764)

八月の光

著者:フォークナー/著 黒原敏行/翻訳

出版社:光文社 (20180509)

ISBN-10:4334753760

ISBN-13:9784334753764

意見、感想、コメントなど

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

1 | 2  次へ >>  

P.0 の気になるフレーズ

その夜ベッドに入った時、少年は家出の決意を固めていた。自分を鷲だと感じた。たくましい、自立した、能力のある、悔いを知らない、強い鷲。だがその決意はまもなく消えた。この時の少年は知らなかったが、鷲と同じように、宇宙全体だけでなく、みずからの肉体も、檻なのだった。

総コメント数:3 投稿日時:2020-11-21 03:56:39

P.12 の気になるフレーズ

その男は六カ月前に村を去っていたが、リーナは騙されたことを認めなかった。

総コメント数:1 投稿日時:2020-11-30 05:56:10

P.108 の気になるフレーズ

人が望みうる一番の幸せは、隣人たちの間での静かな生活を許されることなんだ

総コメント数:2 投稿日時:2020-12-02 05:54:40

P.246 の気になるフレーズ

その女は町の裏通りの、小さな薄汚い食堂のウェイトレスだった。

総コメント数:1 投稿日時:2020-12-09 05:29:01

P.376 の気になるフレーズ

ミセス・マッケカーンにロープのことを秘密にしていたこと、与えた金の出所をウェイトレスに言わなかったこと、今の女に密造酒のことを黙っていること、それらのことを考えると、クリスマスとしては、自分がウィスキーを売るのは金を儲けるためではなく、身近にいる女に隠しごとをするのが自分の運命だからと考えるしかないかもしれなかった。

総コメント数:1 投稿日時:2020-12-16 05:24:07

P.407 の気になるフレーズ

クリスマスは女の眼を見ていなかった。壁に映った拳銃の影を見ていた。見ていると、起こされている撃鉄がふっと動いた。

総コメント数:1 投稿日時:2020-12-22 05:37:06

P.499 の気になるフレーズ

あんた、ミリーの赤ん坊に何したの

総コメント数:1 投稿日時:2020-12-24 06:04:45

P.530 の気になるフレーズ

『まあ待っているがよい。今のわたしにはこの世の自堕落と色欲に構っている時間がない。あの子供には徴をつけてあるし、これからあの子供にそのことを知らせてやるつもりだ。そしてわたしの意思が正しく行なわれるよう、おまえを見張り役にしよう。ちゃんと見張ってわたしの意思が行なわれるようにするのはおまえの務めだぞ』

総コメント数:1 投稿日時:2021-01-01 09:17:33

P.620 の気になるフレーズ

「そろそろまた起きなくちゃ」とリーナは声に出して言った。

総コメント数:1 投稿日時:2021-01-01 16:22:53

P.653 の気になるフレーズ

人間というものは知らないうちに、あっという間に、思いもかけない具合に心を動かされるもので、自分がそんなことを考えていると気づかないうちに、町の人たちは突然グリムを受け入れて敬意を払い、おそらくは少しばかり畏れを抱いて、あれは信用できる男だと思ったのだ。

総コメント数:1 投稿日時:2021-01-04 05:34:38

1 | 2  次へ >>