自宅で参加できる読書会
NO. 00003666 DATE 2024 04 25

読書という荒野 の読書会ページ

読書という荒野(9784344033054)

読書という荒野

著者:見城,徹

出版社:幻冬舎 (201806)

ISBN-10:4344033051

ISBN-13:9784344033054

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.6の気になるフレーズ

僕は今でも、毎日のように自己嫌悪を繰り返している。何人かで会食をしているとき、隅のほうに座っている人にあまり声をかけることができないと、帰りに車に乗った瞬間から後悔する。部下に対して心ない言葉を投げたときは、「あんなこと言わなければよかった」とくよくよする。いつも寝る前には、その日一日を振り返り、悶え苦しむ。そして、その苛立ちを振り払うかのように、トレーニングで身体をいじめ抜いたり、経営や編集の仕事に没頭したりするのだ。

総コメント数:1 投稿日時:2020-02-18 06:15:26

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

見城さんの印象

見城さんについて、勝手に怖いイメージをもっていましたが、
結構繊細な心をお持ちの方だったんですね。
急に親近感がわいてきました。

投稿者:goodbook 投稿日時:2020-02-18 06:15:26