自宅で参加できる読書会
NO. 00001124 DATE 2018 12 11

書籍情報

炎の塔(9784396634735)

この本のアマゾンへのリンク

炎の塔

五十嵐貴久著

出版社:祥伝社 (2015-07-23)

ISBN-10:4396634730

ISBN-13:9784396634735

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

1 | 2  次へ >>  

P.83 の気になるフレーズ

去年のイブはひどかった、とつぶやいた。年に一度のことだからと高級ホテルを予約し、二人のスケジュールも完璧に合わせた。ホテルに入っているフレンチレストランも押さえた。フォーマルウェアでシャンパンとストロベリーからディナーを始めた五分後、夏美が席を立った。
緊急、とひと言言い残し、似合わないイブニングドレスのままレストランを出て行った。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-10 05:25:14

P.85 の気になるフレーズ

「あの、大丈夫でしょうか……」
何かが怖くて、思わずそう聞いた。小さく笑った雅代が、大丈夫、とうなずいて扉を開く。
その瞬間、爆発音と噴き上がる炎が扉の隙間から滝のように溢れ出した。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-10 05:32:16

P.92 の気になるフレーズ

彼らはタワーを信頼している。自分の運命を信じている。自分たちの身には何も起きない。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-12 06:02:09

P.107 の気になるフレーズ

「何の音かな……空調か?」
君も聞いてみなよ、と顔を向けた桜沢の背後で、いきなり壁が割れた。衝撃で岬山の体が後ろに弾かれる。壁の割れ目から炎が噴き出し、桜沢の体に燃え移った。
叫び声をあげながら、人間の形をした炎がフロアに転がる。夢中で起き上がった岬山は着ていた上着を脱いで叩きつけた。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-12 06:17:51

P.108 の気になるフレーズ

苦労はしたが、とにかく子供たちはすくすくと育っている。二人とも成績が悪いのが難だが、元気ならそれ以上望むことはない。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-12 06:21:55

P.129 の気になるフレーズ

ですが、カメラやAIシステムに故障が起きないとは断言できません。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-12 06:27:15

P.148 の気になるフレーズ

「まだだ。五分後に先発隊の百人が出動準備を終える」

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-12 06:34:12

P.172 の気になるフレーズ

だが友江は子供たちを起こすためにベッドルームへ戻った。逃げなければならない。ここは危険だ。理屈ではない。自分にはわかる。ここにいたら死ぬだろう。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-15 05:18:03

P.173 の気になるフレーズ

大震災の時のことを思い出した。あの時と同じ感覚があった。まず逃げる。臆病だと言われてもいい。馬鹿にすればいい。何もなければそれでいいのだ。笑われて済むのなら、どれだけ笑われても構わない。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-15 05:26:20

P.191 の気になるフレーズ

時間の経過と共に、白い何かが廊下に流れ込んでいるように感じていた。煙なのか、それとも恐怖から煙を見たと思い込んでいるのか。そうかもしれない。だが臭いは感じる。焦げた臭いだ。

総コメント数:1 投稿日時:2018-07-15 05:30:55

1 | 2  次へ >>