自宅で参加できる読書会
NO. 00009046 DATE 2018 10 16

書籍情報

読書力をつける (知のノウハウ)(9784532145279)

この本のアマゾンへのリンク

読書力をつける (知のノウハウ)

阿部 謹也著

出版社:日本経済新聞社 (1997-03-01)

ISBN-10:9784532145279

ISBN-13:9784532145279

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

1 | 2  次へ >>  

P.9 の気になるフレーズ

あなたは外へ眼を向けていらっしゃる、だが何よりも、今あなたのなさってはいけないことがそれなのです。誰もあなたに助言したり手助けしたりすることはできません、誰も。ただ一つの手段があるきりです。自らの内へおはいりなさい。

総コメント数:1 投稿日時:2015-07-01 06:08:20

P.38 の気になるフレーズ

では、現代の我々、とくにサラリーマンはどうやって世界を見ているのでしょうか。たとえば、コンピューターを操作することも労働ですから、そうした労働を通して世界が見えるか、というと、やはり、見えにくいのではないかと思います。見える面もあるけれども、見えない面もある。
そこで、労働を通して見るかわりに、情報を通して見ている。その情報はかなり人為的なものです。現代の世界は、そのようなバーチャルな世界になってしまって、現実の情報、たとえば具体的にものごとが動いている状態は、直接見えません。

総コメント数:1 投稿日時:2015-07-02 06:06:41

P.47 の気になるフレーズ

中世の手紙は、「ブリフトレーガー」と呼ばれる手紙を配る人が持って行くわけですが、彼らが行く町々で披露してしまう。したがって、「自分の手紙が目的地に届くまでには、何人もの目にふれる」ということを前提として書かれています。

総コメント数:1 投稿日時:2015-07-03 06:08:38

P.53 の気になるフレーズ

十八世紀以前、つまり十六~十七世紀ぐらいまでは、書物の数が少なく、その頃までは音読が読書の普通の形でした。宗教改革以後、「黙読」という形ができてきます。それ以前は、書物は黙読するものではなく、基本的には朗読するものでした。誰かが朗読をしている間、他の人たちは食事をしながらそれを聞いたのです。

総コメント数:1 投稿日時:2015-07-04 08:22:03

P.64 の気になるフレーズ

書物とは不思議なもので、私たちは書物の内容を読むことが主目的だと通常は考えています。したがって書物の装丁や形態は問わないかに思われますが、実は私たちも書物の装丁にはかなりこだわる場合があるのです。

総コメント数:1 投稿日時:2015-07-04 08:29:53

P.71 の気になるフレーズ

「自分が社会のなかでどういう位置にいるか」ということがわかれば、「自分が社会にどう貢献できるか」がわかりますし、「自分の仕事がどんな意味をもつのか」もわかるわけです。

総コメント数:1 投稿日時:2015-07-06 06:27:58

P.95 の気になるフレーズ

今の自分の仕事にひっかかるものがなければ、漫然と古典を読んでも身につかないのです。

総コメント数:1 投稿日時:2015-07-07 06:21:50

P.113 の気になるフレーズ

問題は、日本の社会で、「友情を大切にする」「人には親切にする」「正しいと思ったことは勇気をもって発言する」「確信をもって行動する」ということが、そのままではたぶん教訓にはならないということです。
というのは、「そういう行動を本当にしようと思えば、知恵が必要だ」ということは教えられていないからです。

総コメント数:1 投稿日時:2015-07-08 06:45:44

P.120 の気になるフレーズ

「読解にはどういう態度が必要か」というところで、謙虚さが必要だ、と先に述べました。この謙虚さの中身は、「まず第一に、いかなる学知も、いかなる書物も軽んじないこと」です。

総コメント数:1 投稿日時:2015-07-09 05:53:44

P.155 の気になるフレーズ

日本では「個」という問題を考えるときに、「家」の問題がありました。だから、漱石の時代の作家たちは、基本的に、常に家の問題を主題にしています。当時はまず家から脱出しなければなりませんでした。今は家が崩壊しつつありますから、今度は家を脱出したときに「自分のアイデンティティーをどこに求めるか」という問題に直面しています。

総コメント数:1 投稿日時:2015-07-10 06:26:28

1 | 2  次へ >>