自宅で参加できる読書会
NO. 00021101 DATE 2023 02 02

読書力をつける の読書会ページ

読書力をつける(9784532145279)

読書力をつける

著者:阿部謹也/著

出版社:日本経済新聞社 (1997-03)

ISBN-10:4532145279

ISBN-13:9784532145279

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.155の気になるフレーズ

日本では「個」という問題を考えるときに、「家」の問題がありました。だから、漱石の時代の作家たちは、基本的に、常に家の問題を主題にしています。当時はまず家から脱出しなければなりませんでした。今は家が崩壊しつつありますから、今度は家を脱出したときに「自分のアイデンティティーをどこに求めるか」という問題に直面しています。

総コメント数:1 投稿日時:2015-07-10 06:26:28

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

自分のアイデンティティーについて

自分のアイデンティティーについては普段から自然に考えていると思います。特に、世間とのずれを感じながらも世間に流されて生きているとよく感じます。たぶん、誰しもが多かれ少なかれ、そういう気持ちをもっていると思います。132ページから論じられている嵇康の話はこのような矛盾をどのようにとらえていくか、それを考えるためのヒントがあると感じました。

投稿者:goodbook 投稿日時:2015-07-10 06:26:28