自宅で参加できる読書会
NO. 00000631 DATE 2020 06 03

アウステルリッツ の読書会ページ

アウステルリッツ(9784560027349)

アウステルリッツ

著者:Sebald,WinfriedGeorg/著 鈴木仁子/翻訳 ゼーバルトヴィンフリート・ゲオルク/著

出版社:白水社 (2012-07)

ISBN-10:456002734X

ISBN-13:9784560027349

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.32の気になるフレーズ

けれどももう一方でたしかに言えるのは、自分がおのれ自身にもよくわからないなにかの衝動にしたがってきたということであり、そしてその衝動は、ごく早いうちから気づいていたのだけれども、ネットワークの概念、たとえば鉄道網のシステムのようなものに強く心を惹かれることとどこかで繋がっている、というのだった。

総コメント数:1 投稿日時:2020-04-04 15:09:51

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

なんか、分かる

惹かれる対象は人それぞれだと思うんですが、この感覚なんか分かるな、っていう人は結構多いんじゃないかと思いました。

投稿者:kukka55 投稿日時:2020-04-04 15:09:51