自宅で参加できる読書会
NO. 00004956 DATE 2019 08 24

ジェイン・オースティンの読書会 の読書会ページ

ジェイン・オースティンの読書会(9784560027394)

楽天へのリンク

ジェイン・オースティンの読書会

著者:カレン・ジョイ・ファウラー/矢倉尚子

出版社:白水社 (2006年02月)

ISBN-10:4560027390

ISBN-13:9784560027394

意見、感想、コメントなど

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

<< 前へ  1 | 2 | 3 | 4  次へ >>  

P.108 の気になるフレーズ

というわけで、プルーディーはかわいくもなければ、人気者でもなかった。いい子になっても不思議はないところだった。それなのに、校内での社会的地位を高めたいばかりに、正真正銘の落ちこぼれ生徒たちがお決まりのいじめにあうとき、いじめる側に加担してみたりした。当時はそれを、恥ずべきことだがやむを得ない陽動作戦だと思っていた。今は思い出すのもつらい。どうしてあれほど残酷になれたのだろう?

総コメント数:1 投稿日時:2018-09-03 05:51:58

P.121 の気になるフレーズ

プルーディーはこれまで、母親が死んだところを何度想像してみたことだろう。

総コメント数:1 投稿日時:2018-09-04 05:02:05

P.124 の気になるフレーズ

実はプルーディーはきれいではなかった。きれいなふりをしていただけだ。

総コメント数:1 投稿日時:2018-09-04 05:13:44

P.126 の気になるフレーズ

プルーディーはフランスを愛している。フランスへの愛情が人生を決めた。行ったことはないが、完璧に想像できる。もちろん実際に行ってみたいなんて思わない。もしその旅が失望に終わったら? 行ってみて、もし現実のフランスが好きでなかったら? そのときはどうすればいいのだろう?

総コメント数:1 投稿日時:2018-09-04 05:19:06

P.131 の気になるフレーズ

デルタ風が吹いてくれれば心地よいのだけれど。

総コメント数:1 投稿日時:2018-09-04 05:29:45

P.148 の気になるフレーズ

私たちのあいだには、グリッグははたしてホスト役を引き受けるのだろうかと疑う気持ちがあり、どうせやらないだろうと決めつけて、男はすぐ特別扱いを期待するんだからと憤慨している者もいた。クリスマスや感謝祭のご馳走を自分で作らない、お礼状やバースデーカードを妻に書かせる、といったことだ。

総コメント数:1 投稿日時:2018-09-05 05:29:09

P.159 の気になるフレーズ

「つまり俺が言いたいのは、動物が完全な意識を持つに至るには、千年はかかるだろうということなんだ」

総コメント数:1 投稿日時:2018-09-06 05:12:38

P.167 の気になるフレーズ

じつは一月の終わりにグリッグからEメールが来るまで、ジョスリンは彼のことをすっかり忘れてしまっていた。(中略)
あんな奇妙な名前でなかったら、ジョスリンはグリッグを思い出すのに苦労しただろう。でも、とても感じのいいひとだと思ったことも思い出した。たしか本を一、二冊くれたのではなかったかしら。探し出して読んでみなければ。

総コメント数:1 投稿日時:2018-09-06 05:36:12

P.168 の気になるフレーズ

ジョスリンは私たちにはこうした経緯をいっさい話さなかった。

総コメント数:1 投稿日時:2018-09-06 05:45:40

P.170 の気になるフレーズ

「小説を読むことがテーマになっているのが気に入ったんだ。ヒロインとは何か。冒険とは何か。オースティンはそういう疑問を率直に提起してる。この小説には非常にポモ的なところがあるね」

総コメント数:1 投稿日時:2018-09-07 05:58:19

<< 前へ  1 | 2 | 3 | 4  次へ >>