本の読み方が変わる。
NO. 00005102 DATE 2018 08 17

書籍情報

なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。(9784569828701)

この本のアマゾンへのリンク

なぜランチタイムに本を読む人は、成功するのか。

中谷彰宏著

出版社:PHP研究所 (2015-12-17)

ISBN-10:4569828701

ISBN-13:9784569828701

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

P.23 の気になるフレーズ

趣味の本はゆっくり読んで楽しみ、仕事の本はサッと読めばいいのです。

総コメント数:1 投稿日時:2017-02-24 06:09:28

P.38 の気になるフレーズ

「読書より実践だ」と言う人は、それほど実践していません。

総コメント数:1 投稿日時:2017-02-24 06:19:08

P.92 の気になるフレーズ

情報がたくさん入ると、なんとなく自分が賢くなったような錯覚に陥りがちです。
本来、賢くなるということは、価値観がひっくり返ることなのです。

総コメント数:1 投稿日時:2017-02-27 06:35:27

P.114 の気になるフレーズ

本を書く人は、その人の全人生、全財産をかけて、その体験をし、学び、打ち込んでいます。
人生を棒に振って、その本を書いているのです。

総コメント数:1 投稿日時:2017-02-27 06:47:38

P.120 の気になるフレーズ

棚に入っている本は、多くの競争を勝ち抜いて生き残ってきた本です。

総コメント数:1 投稿日時:2017-02-27 06:55:06

P.132 の気になるフレーズ

言葉を1つ知っているだけで、世界観が変わり、その時の気持ちを立て直すこともできます。
メンタル的に弱い人は、ボキャブラリーが少ないのです。
すべてのことが「むかつく」ですんでしまいます。

総コメント数:1 投稿日時:2017-02-28 06:30:40

P.155 の気になるフレーズ

みんなと違う間違った面白い答えを見出すことが、本の楽しみです。
直線コースではなく、いかにまわり道するかです。

総コメント数:1 投稿日時:2017-02-28 06:43:00

P.197 の気になるフレーズ

私が大学生の時、たった1人の友達が私の本を見て「おまえ、どこに線を引いているんだ」と言いました。
それは、映画監督のフランソワ・トリュフォーの『ヒッチコック映画術』でした。
私が赤のダーマトグラフで線を引いたのは、「トリュフォーが、真剣にヒッチコックの娘と結婚しようとしていた」というところです。
一見どうでもいい枝葉末節のようなところが、私の心には刺さりました。

総コメント数:1 投稿日時:2017-03-01 06:35:35