自宅で参加できる読書会
NO. 00003075 DATE 2020 01 29

ラヴェル の読書会ページ

ラヴェル(9784622073321)

ラヴェル

著者:Echenoz,Jean/著 関口涼子/翻訳 エシュノーズジャン/著

出版社:みすず書房 (2007-10)

ISBN-10:4622073323

ISBN-13:9784622073321

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.23の気になるフレーズ

 ラヴェルもまた、コンラッド同様、饒舌な方ではないので、一方が遠慮がちにもう一方の文学に興味を持っていると言い、もう一方が、他方の作曲している曲について知らないのを巧みに隠そうとするというような幾つかの心和む場面にも関わらず、二人の会話は少なからず不毛に進んでいった。この乾ききった情景の中で、ジャン=オーブリーは大忙しの救命士のように、無口な二人に代わる代わる人工呼吸を施そうとしていた。

総コメント数:2 投稿日時:2019-08-15 18:20:53

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

ユーモラス

この本は随所にこういうユーモアが鏤められていて、何もかもがお洒落だなぁと思います。是非蔵書に加えたいのですが、絶版になっているのか中古本にもすごく高値が付いていて、なかなか手が出ません…

投稿者:kukka55 投稿日時:2019-08-15 18:20:53

2

絶版なの?

kukka55さんにこの本を紹介してもらったとき、自分もアマゾンで調べました。
2007年に出版されていて、そんなに古くないのに中古しかない。そして高値。
とりあえず、図書館で借りるしかないですね。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-08-17 05:33:36