自宅で参加できる読書会
NO. 00001064 DATE 2019 08 19

独り居の日記 新装版 の読書会ページ

独り居の日記 新装版(9784622085584)

楽天へのリンク

独り居の日記 新装版

著者:メイ・サートン/武田尚子

出版社:みすず書房 (2016年09月02日)

ISBN-10:4622085585

ISBN-13:9784622085584

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.6の気になるフレーズ

 こうして私がひとりいる時こそ、花々はほんとうに見られている。心を注いでやれる。存在するものとして感じられている。花なしに、私は生きられまいと思う。なぜ?一つには、彼らが私の目前で刻々と変わってゆくためだ。花々はわずか数日のあいだ生きて、死んでゆく。彼らは私を、生のプロセス、成長、死に触れさせていてくれる。私自身、彼らの生の時の間を、漂っているのだ。

総コメント数:1 投稿日時:2019-07-01 12:12:53

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

カサブランカ

ちょうど昨日、持っていた蕾を順に開いて、甘く重い香りを放っていたカサブランカの最後の一輪が枯れました。私も切り花が好きで少しでも何か飾るようにしていますが、このフレーズは飾っている花の見え方を変えてくれそうです。

投稿者:kukka55 投稿日時:2019-07-01 12:12:53