自宅で参加できる読書会
NO. 00000283 DATE 2019 10 21

読書と教育 の読書会ページ

読書と教育(9784768458556)

楽天へのリンク

読書と教育

著者:池田知隆

出版社:現代書館 (2019年04月10日)

ISBN-10:4768458556

ISBN-13:9784768458556

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.19の気になるフレーズ

脇目もふらずあくせく勉強したあと、どんな人生が待ち受けているのだろうか――。単調な受験生活を想像するだけでも、耐えられない気持ちになった。そんなとき、十五歳から二十歳までの間、伸び伸びと過ごせそうな高専は魅力的に見えた。

総コメント数:1 投稿日時:2019-10-07 05:31:31

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

自分の将来を考える

自分が高校受験を受けた時は、それなりに勉強はしたけれど、目の前のことで手一杯で、
「どんな人生が待ち受けているのだろうか」などとは考えもしなかったように思います。
そして、今でも「目の前のことで手一杯」という感じ。
自分や家族のことなどももっときちんと考える必要があるのではないかと、
考えさせられます。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-10-07 05:31:31