自宅で参加できる読書会
NO. 00000282 DATE 2019 10 21

読書と教育 の読書会ページ

読書と教育(9784768458556)

楽天へのリンク

読書と教育

著者:池田知隆

出版社:現代書館 (2019年04月10日)

ISBN-10:4768458556

ISBN-13:9784768458556

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.21の気になるフレーズ

棚町の授業方針は、
・必読書のカリキュラム
・原典主義
・作文教育の超重点化
であった。試験は当初、読書感想文一本に絞っていた。
だが、数年後、読書ノート方式に切り替えていく。学生が印象に残った文章を抜き書きすることを求め、なぜその文章が気に留まったのか、時間をおいて向き合うことを勧めた。学生に感想文を書かなくてはいけないという負担感を与える前に、まずは「読むこと」を優先させた。

総コメント数:1 投稿日時:2019-10-07 05:42:51

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

時間をおいて向き合う

この考え、読書に対する自分の考えと近いな。
「印象に残った文章を抜き書き」はまさに自分がいいと思っていることだし、
そして「時間をおいて向き合うこと」はもっと大事なのではないかと。
つまり、これ読書会サイトRETHACで目指している1つのゴールだなと思いました。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-10-07 05:42:51