自宅で参加できる読書会
NO. 00004512 DATE 2018 12 13

書籍情報

国貧論(atプラス叢書14)(9784778315313)

この本のアマゾンへのリンク

国貧論(atプラス叢書14)

水野 和夫著

出版社:太田出版 (2016-07-20)

ISBN-10:4778315316

ISBN-13:9784778315313

これまで記事を投稿された書籍一覧を表示する

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

P.31 の気になるフレーズ

資本主義は元来、貧しい人を豊かにするという発想は持ち合わせていないのである。
だからこそ、資本主義の外側から規制が必要になる。

総コメント数:1 投稿日時:2016-10-01 05:57:26

P.37 の気になるフレーズ

ミヒャエル・エンデの「豊かな社会」はすなわち「必要な物が必要なときに、必要な場所で手に入るということ」であり、日本ではそれが実現した。それでも、投資を長年にわたって続けてきたので、資本が「過剰・飽満・過多」となったのである。

総コメント数:1 投稿日時:2016-10-03 05:52:24

P.57 の気になるフレーズ

そして「賃金」はどうなったか? 実質賃金は減少したのである! 2002年から08年にかけて、戦後最長の景気回復にもかかわらず、実質賃金は減少したのである。(中略)
 なぜこのようなことになったのか。その理由は、戦後最長の景気回復期に、企業利益(営業余剰)を確保し、配当を増やさなければ、企業経営者は翌年の株主総会でクビになってしまうからなのである。つまり、企業経営者は、株主配当を増やすために、雇用者報酬を削減したのである。

総コメント数:1 投稿日時:2016-10-03 06:05:29

P.76 の気になるフレーズ

政府の政策立案に深くコミットしている某経済学者が、失業問題を問われて、「日本の会社員は、会社に必要以上に守られている」と言い放ったことが最近問題視されたが、この大学教授は、人材派遣会社の役員にもおさまっていて、口を開けば、「非正規労働者を偏見視するほうがおかしい。多様な働き方が認められるべきで、何も正社員で働く必要はない」が持論である。「正社員が、多様な働き方を認められるべきだ」と考えられないところが興味深い。

総コメント数:1 投稿日時:2016-10-04 06:03:49

P.161 の気になるフレーズ

近代化には鉄が不可欠である。近代化=都市化と考えれば、鉄道、高速道路、マンション建設に鉄はなくてはならないし、移動手段としての自動車にも鉄が必要である。

総コメント数:1 投稿日時:2016-10-08 05:05:32

P.203 の気になるフレーズ

89年当時、バブルのなかでそういうことを言われて、私は「へえー」と思ったくらいで、それがおかしいという確信はできていませんでした。弾けてから、やはりそれはおかしいということだった。

総コメント数:1 投稿日時:2016-10-08 06:10:00