自宅で参加できる読書会
NO. 00002701 DATE 2021 06 15

書く、読む、生きる の読書会ページ

書く、読む、生きる(9784794224798)

楽天へのリンク

書く、読む、生きる

著者:古井 由吉

出版社:草思社 (2020年11月26日頃)

ISBN-10:4794224796

ISBN-13:9784794224798

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.19の気になるフレーズ

どんな行き方であれ、作品の出発点と着地点の間のどこかで境を越える。それが小説だ、と私は思っている。境を越えるというのは、差違を渡った、その跡を記す、ということになるでしょうか。

総コメント数:1 投稿日時:2021-01-20 05:26:16

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

「境を越える」を感じる

古井さんの作品はまだそんなに読んでいないけど、確かにこれを感じさせられました。
それも絶妙で繊細に感じさせられたという記憶(余韻)が残っています。
だから、古井さんの作品は面白いと感じたんでしょうね。

投稿者:goodbook 投稿日時:2021-01-20 05:26:16