自宅で参加できる読書会
NO. 00002698 DATE 2021 06 15

書く、読む、生きる の読書会ページ

書く、読む、生きる(9784794224798)

楽天へのリンク

書く、読む、生きる

著者:古井 由吉

出版社:草思社 (2020年11月26日頃)

ISBN-10:4794224796

ISBN-13:9784794224798

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.34の気になるフレーズ

こんなノイローゼがあるんだそうですね。会議なんかで話しているうちに、自分の言っていることが自分でピンとこなくなる。それで、絶句、立往生してしまえば悲惨ですけれど、ドクターストップは入るでしょう。ところが、自分で自分の声を聞いていると、変なことも、間違ったようなことも言ってない。ただ、なにか遠く感じられる。それで、せめて最後まで、いちおう辻褄のあったことを話して、一所懸命に走って、ようやく終わる。終わったあと、やっぱり自分はなにかズレたことを話してたんじゃないかと思う。そんなときにかぎってね、人にポンと肩たたかれて、「やあやあ、今日、君が言ったことは正しかったよ」なんて言われて。

総コメント数:1 投稿日時:2021-01-22 06:40:41

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

自分ではうまくできなかったとおもったけれど

こういうこと、時々あります。
今日はうまくできなかったな、言いたいことを言えなかったな
とか思っていたら、意外にも高評価をもらうこと。
それにしても、これってノイローゼなの?

投稿者:goodbook 投稿日時:2021-01-22 06:40:41