自宅で参加できる読書会
NO. 00002695 DATE 2021 06 15

書く、読む、生きる の読書会ページ

書く、読む、生きる(9784794224798)

楽天へのリンク

書く、読む、生きる

著者:古井 由吉

出版社:草思社 (2020年11月26日頃)

ISBN-10:4794224796

ISBN-13:9784794224798

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.37の気になるフレーズ

ところが、なにぶんわれわれは、まわりが騒々しすぎる。それに劣らず、内面も騒々しい。で、その感受がね、短くなっちゃった。長く感じる、感受したものを保持する力が、薄くなった。かといって、考える思考のほうが強靭になったかって、そうでもないから、そこでずいぶん半端なことになってる。どれだけ粘り強く感受しつづけるか、そこからひとつの思考がおのずから生まれてくる。言葉ってのは、この部分での戦いがあるわけですよね。人にどう感受させるか、読むほうとしてもどう感受するか。もちろん、どう考えるかの戦いもある。さしあたっては、まず感受を取りもどす、受信の器として強くなることが、書く側も読む側も、大切なんではないだろうか、そんなふうに思っております。

総コメント数:1 投稿日時:2021-01-22 06:54:59

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

感受か・・・

言っていること、わかるなー。
特に自分は「内面が騒々しい」なと思ってしまいました。
なんとか、感受を取り戻せないかな。

投稿者:goodbook 投稿日時:2021-01-22 06:54:59