自宅で参加できる読書会
NO. 00001018 DATE 2019 03 21

偽窓 の読書会ページ

偽窓(9784794808257)

楽天へのリンク

偽窓

著者:レ-ナ・クル-ン/末延弘子

出版社:新評論 (2010年01月)

ISBN-10:4794808259

ISBN-13:9784794808257

意見、感想、コメントなど

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

1 | 2  次へ >>  

P.10 の気になるフレーズ

そんなマートンの作品を観ていると、高校時代に心理学の教科書で触れた視覚トリックやダブルイメージを思い出す。(中略)
 マートンの絵のなかで意味は隠れては現れ、消えては燃え上がり、失われては場所を変えてゆく。このすべては、本当に視覚的な遊びにすぎないのだろうか。人間の認識の特徴と奇癖をついた遊びだと?
「私にとっては、それ以上ね」マートンが言った。
「それ以上とは?」私は聞いた。
「つまり、実体とは実体のイメージだってことよ」

総コメント数:2 投稿日時:2018-12-17 11:17:32

P.26 の気になるフレーズ

生活の基本条件が変わり、日常が思い出になりつつあるときこそ、普通と呼ばれているものをしっかりとつかまえておくことが大切だとガードは言った。

総コメント数:1 投稿日時:2018-12-17 11:22:50

P.35 の気になるフレーズ

気性が激しく、人間を嫌い、ついには犬に食われて死んだ痩身のヘラクレイトス。彼はこう言った。
「私たちは目を覚ましてから共通の現実世界に移行する」
 私は、現実世界とは分かたれた幻の舞台であり、すべての人が汲みあげる夢の源泉だと思っている。覚醒か夢か、いずれかを選択する必要に迫られても、私はその決断に躊躇しない。

総コメント数:1 投稿日時:2018-12-17 10:44:43

P.36 の気になるフレーズ

真実のない世界より、世界のない真実の方がよっぽどいい。

総コメント数:1 投稿日時:2018-12-17 10:36:25

P.45 の気になるフレーズ

「いいえ、結構ですわ。これからお芝居を観に行くんです」
「そうですか。しかもご夫人は、フリーパスで死者たちの芝居もご堪能できますね。彼らは舞台で演技をしているようなものですから」
老夫人の顔がぱっと明るくなった。ドアの所で彼女はいったん振り返り、こう言った。
「生きている私たち人間も同じようなものですわ」

総コメント数:1 投稿日時:2018-12-17 11:36:30

P.48 の気になるフレーズ

私は花を見た。すると、ふいに花が花でなくなった。それは、まるで昆虫か機械仕掛けの装置のように見えた。その狂いのない美しさに私はぞくっとした。(中略)
そして、花はまた、脅威あるいは約束でもある。それは遠くから近づきつつある情報で、その訪れを速めることも遅らせることもできない。

総コメント数:1 投稿日時:2018-12-17 11:47:34

P.60 の気になるフレーズ

子どもに会うと温かく幸せな気持ちにはなるものの、頭痛と眠気に襲われて、タンクに戻って目を瞑りたくなる。

総コメント数:1 投稿日時:2018-12-17 12:01:38

P.92 の気になるフレーズ

「無限が問題なんです。無限こそがね。無限は始まりと終わりの間にあるものです。おかしなものですが、それはどこにでも在るんですよ」:

総コメント数:2 投稿日時:2018-12-18 14:51:31

P.103 の気になるフレーズ

ニヒリスト歯医者との話に身が入らないのは、彼の考えは梃でも動かないからだ。すべては無だと彼が言うたびに、「意味ねえ」と言っている若者を思い出す。

総コメント数:1 投稿日時:2018-12-18 14:43:43

P.103 の気になるフレーズ

ニヒリスト歯医者との話に身が入らないのは、彼の考えは梃でも動かないからだ。すべては無だと彼が言うたびに、「意味ねえ」と言っている若者を思い出す。

総コメント数:1 投稿日時:2018-12-18 14:44:44

1 | 2  次へ >>