自宅で参加できる読書会
NO. 00001374 DATE 2022 05 20

ブッククラブと民族主義 の読書会ページ

ブッククラブと民族主義(9784798502182)

楽天へのリンク

ブッククラブと民族主義

著者:竹岡健一

出版社:九州大学出版会 (2017年12月)

ISBN-10:4798502189

ISBN-13:9784798502182

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.6の気になるフレーズ

ブッククラブについては後に詳しく説明するが、ごく簡単にいえば、書店での一般的な本の販売とは異なるルートで、本を安く製造・販売する団体であり、十九世紀末以降の欧米で急速に発達し、文学作品の仲介にも大きな役割を果たした。

総コメント数:1 投稿日時:2020-02-29 06:52:38

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

色んなブッククラブ

松岡正剛さんの「多読術」という本で紹介されていた「ブッククラブ」。
日本語訳すれば「読書会」なので気になっていたのですが、
ちょっと自分が思っていたブッククラブとは違っていましたね。
まあ、これはこれで気になるのですが。

投稿者:goodbook 投稿日時:2020-02-29 06:52:38