自宅で参加できる読書会
NO. 00001757 DATE 2019 11 12

雲 の読書会ページ

雲(9784820527244)

楽天へのリンク

著者:山村暮鳥

出版社:日本図書センター (2000年01月)

ISBN-10:482052724X

ISBN-13:9784820527244

意見、感想、コメントなど

気になるフレーズの投稿一覧

気になるフレーズを書き込む

P.2 の気になるフレーズ

むかしより、ふでをもてあそぶ人多くは、花に耽りて実をそこなひ、実をこのみて風流をわする。
 これは芭蕉が感想の一つであるが、ほんとうにそのとほりだ。
 また言ふ。──花を愛すべし。実なほ喰ひつべし。

総コメント数:2 投稿日時:2019-05-03 16:36:43

P.4 の気になるフレーズ

 詩をつくるより田を作れといふ。よい箴言である。けれど、それだけのことである。
 善い詩人は詩をかざらず。
 まことの農夫は田に溺れず。
 これは田と詩ではない。詩と田ではない。田の詩ではない。詩の田ではない。詩が田ではない。田が詩ではない。田も詩ではない。詩も田ではない。
 なんといはう。実に、田の田である。詩の詩である。

総コメント数:1 投稿日時:2019-05-03 16:56:08

P.102 の気になるフレーズ



おい、そつと
そつと
しづかに
梅の匂ひだ

総コメント数:2 投稿日時:2019-05-09 10:59:47

P.106 の気になるフレーズ

ある時(一部抜粋)

これでいいのか
春だとはいへ
ああ、すこし幸福すぎて
寂しいような気がする

総コメント数:2 投稿日時:2019-05-09 11:05:46

P.110 の気になるフレーズ



さくらだといふ
春だといふ
一寸、お待ち
どこかに
泣いている人もあらうに

総コメント数:1 投稿日時:2019-05-09 11:08:18

P.126 の気になるフレーズ



しつかりと
にぎつてゐた手を
ひらいてみた

ひらいてみたが
なんにも
なかつた

しつかりと
にぎらせたのも
さびしさである

それをまた
ひらかせたのも
さびしさである

総コメント数:2 投稿日時:2019-05-11 12:36:43

P.140 の気になるフレーズ

ある時

宗教などといふものは
もとよりないのだ
ひよろりと
天をさした一本の紫苑よ

総コメント数:2 投稿日時:2019-05-11 12:47:28

P.164 の気になるフレーズ

赤い林檎

こどもはいふ
赤い林檎のゆめをみたと
いいゆめをみたもんだな
ほんとにいい
いつまでも
わすれないがいいよ
大人になつてしまへば
もう二度と

そんないい夢は見られないんだ

総コメント数:2 投稿日時:2019-05-12 10:57:38