自宅で参加できる読書会
NO. 00000679 DATE 2021 01 16

書評の仕事 の読書会ページ

書評の仕事(9784847066399)

書評の仕事

著者:印南敦史/著

出版社:ワニブックス (20200408)

ISBN-10:4847066391

ISBN-13:9784847066399

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.144の気になるフレーズ

それは、刺さりそうな部分だけをクローズアップすればいいということでもあります。必ずしも、一冊分すべてを解説しなくてもいいのです。逆に一冊分すべてをまとめてしまったとしたら、非常に散漫な書評になってしまうと思います。ですから「どこにポイントがあるか」を見極め、そこを中心にまとめるべきだと僕は考えています。

総コメント数:1 投稿日時:2021-01-10 07:00:51

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

書評って、一冊分すべてをまとめるんじゃないんだ

これまで、書評というのは「一冊分すべてを一言でまとめる」みたいなイメージを持っていました。だから、自分に書評は無理だなと。
でも違うんですね。
『「どこにポイントがあるか」を見極め、そこを中心にまとめる』
書評というのはこういうことをしているんですね。

書評のイメージがまた少し変わったような気がします。

投稿者:goodbook 投稿日時:2021-01-10 07:00:51