自宅で参加できる読書会
NO. 00000533 DATE 2019 12 09

双極性障害と闘う の読書会ページ

双極性障害と闘う(9784895445788)

双極性障害と闘う

著者:熱海芳弘/著

出版社:無明舎 (2014-03)

ISBN-10:489544578X

ISBN-13:9784895445788

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.19の気になるフレーズ

双極性障害の「躁」状態は、発症から1ヵ月経っても収まる気配は全くなかった。
その時の私は、一種の「万能感」に浸っていた。だから、瀬戸のある選挙区から衆議院議員に立候補することなど、到底、常識では考えられないことを思いめぐらせていた。

総コメント数:1 投稿日時:2019-11-19 06:39:33

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

万能感か。「躁」状態の1つの症状でしょうか。
つまり、自分が絶対正しいと思いこんでしまうということでしょうね。
ちょっと想像してみましたが、こういう状態から脱するのはなかなか難しそうな気がします。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-11-19 06:39:33