自宅で参加できる読書会
NO. 00001161 DATE 2020 02 25

双極性障害と闘う の読書会ページ

双極性障害と闘う(9784895445788)

双極性障害と闘う

著者:熱海芳弘/著

出版社:無明舎 (2014-03)

ISBN-10:489544578X

ISBN-13:9784895445788

意見、感想、コメントなど

投稿一覧に戻る

P.39の気になるフレーズ

私は、根っからの「東北人」ということもあって、仕事以外ではあまり口数が多くはない。
だが、「躁」状態になると病状の一つである「多弁行為」(いつもより、よく話すこと)が出る。だから、K子は病気をすぐ察知したわけだ。

総コメント数:1 投稿日時:2019-11-21 06:15:03

この気になるフレーズへのコメントを書き込む

気になるフレーズへのコメント

1

多弁行為

自分も気分が上がった時は、饒舌になることもありますが、
ここでいう「多弁行為」と言うのは、それとは一線を画すような状態なんでしょうね。

投稿者:goodbook 投稿日時:2019-11-21 06:15:03