自宅で参加できる読書会
NO. 00088375 DATE 2018 12 11

読書会サイト「RETHAC」とは

Web上で読書会を行うサイトです。
時間も場所も選ばずにいつでもどこからでも
読書感想や意見を交換することができます。

「初めての方へ」より

登録して今すぐ参加する(無料)

本の検索

これまで紹介された気になるフレーズ

最新情報

新着記事順

新着書籍順

投稿数順

Web読書会

[1]  << 前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [209]

老人と海 (光文社古典新訳文庫)(9784334752996)

P.121 の気になるフレーズ

まあ、負けてしまえば気楽なものだ。こんなに気楽だとは思わなかった。さて、何に負けたのか。

老人と海 (光文社古典新訳文庫)(9784334752996)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-10-21 07:54:05

老人と海 (光文社古典新訳文庫)(9784334752996)

P.111 の気になるフレーズ

「どうも理屈が多い」老人は声に出した。「もう講釈はいい」

老人と海 (光文社古典新訳文庫)(9784334752996)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-10-21 07:48:42

老人と海 (光文社古典新訳文庫)(9784334752996)

P.105 の気になるフレーズ

「もっと元気の出そうなことを考えたらどうだ、じいさん。いまは少しずつでも家に近づいているんだ。四十ポンドとられたのも、それだけ舟足が軽くなったってことだ」

老人と海 (光文社古典新訳文庫)(9784334752996)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-10-21 07:45:50

老人と海 (光文社古典新訳文庫)(9784334752996)

P.100 の気になるフレーズ

最初の鮫が襲ってきたのは、それからのことだった。

老人と海 (光文社古典新訳文庫)(9784334752996)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-10-21 07:42:01

老人と海 (光文社古典新訳文庫)(9784334752996)

P.94 の気になるフレーズ

老人は気が遠くなり、胸苦しくもなって、目の前がぼやけた。だが、銛のロープを絡ませないように、痛む手で少しずつ送り出していった。はっきりした目になって見ると、魚は銀色の腹を見せて浮かんでいた。胸びれの付け根に銛の柄が斜めに突き立って、心臓から噴き出る赤い血に海が染まっていく。水深一マイルを超す青い海にいきなり浅瀬ができたような変色があって、ほどなく雲が広がるように薄らいだ。魚は銀色に浮かんで動かず、ただ波に揺れている。

老人と海 (光文社古典新訳文庫)(9784334752996)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-10-21 07:38:00

老人と海 (光文社古典新訳文庫)(9784334752996)

P.78 の気になるフレーズ

骨になった魚を海にそろりと落として、これが波乱を呼ぶ気配でもあるかと思ったら、ゆっくり沈む光が見えただけだった。

老人と海 (光文社古典新訳文庫)(9784334752996)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-10-21 07:26:32

老人と海 (光文社古典新訳文庫)(9784334752996)

P.62 の気になるフレーズ

ロープが確実にせり上がって、ついに舟の前方で海面が盛り上がり、魚が出た。なかなか最後まで出ずに、背中から両側に海水が流れた。魚体が日射しに輝く。頭から背中にかけては黒っぽい紫色、側面は日射しに縞模様が太く浮いて明るい薄紫に見える。嘴が野球のバットの長さに伸びて、細身の剣のように尖っていた。

老人と海 (光文社古典新訳文庫)(9784334752996)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-10-21 07:21:06

グッバイ・クリストファー・ロビン:『クマのプーさん』の知られざる真実(9784336062604)

P.187 の気になるフレーズ

マチネの準備が進行している間、ミルンは「イヴニング・ニュース」のクリスマス号に載せる子どものお話を考えようと苦心していた。無辜聖嬰児のことで夢中のダフネは、ミルンに、そんなのやさしいでしょ、「寝る前のお話のどれか一つ」書いときやいいのよ、と断言した。(中略)
「どれか一つでもいいのはなかったの?」ダフネは訴えた。それでミルンは思い出した。そういえば「話らしい話といえるのが一つだけあったな、ビリーのクマについての話だった。」ミルンは腰を下ろして、書き始めた。

グッバイ・クリストファー・ロビン:『クマのプーさん』の知られざる真実(9784336062604)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-10-20 07:28:19

グッバイ・クリストファー・ロビン:『クマのプーさん』の知られざる真実(9784336062604)

P.176 の気になるフレーズ

かれの名前を初めて聞いたとき、わたしは、きみがいおうとしたことを、いいました。
「だけど、かれは男の子だと思ったけど?」
「ぼくも思った」
とクリストファー・ロビンはいいました。
「じゃあ、ウィニーって、呼べないよ」
「呼ばないよ」
「だって、いまいったじゃないか」
「ウィニー・ザ・プーだよ。『ザ』って、どういう意味か、わからない?」
「ああ、そうだ、いまわかったよ。」わたしは急いでいいました。読者の皆さんにもわかったことを希望します。説明はもうこれだけですから。

グッバイ・クリストファー・ロビン:『クマのプーさん』の知られざる真実(9784336062604)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-10-20 06:08:58

グッバイ・クリストファー・ロビン:『クマのプーさん』の知られざる真実(9784336062604)

P.165 の気になるフレーズ

田舎の生活におけるダフネのイメージは、ロンドンで帽子や美容院やゆったりしたランチョンなどに明け暮れるダフネとは、まったく別人だった。田舎の「美しさや静けさや孤独に母は反応した」とクリストファーは述べている。「母はそういうものを庭に見つけ、さらにその先に広がる田園を見出した。孤独。彼女は一人でいるときが一番幸せだった。」

グッバイ・クリストファー・ロビン:『クマのプーさん』の知られざる真実(9784336062604)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-10-18 05:42:28

[1]  << 前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [209]