自宅で参加できる読書会
NO. 00097973 DATE 2019 02 18

読書会サイト「RETHAC」とは

Web上で読書会を行うサイトです。
時間も場所も選ばずにいつでもどこからでも
読書感想や意見を交換することができます。

「初めての方へ」より

登録して今すぐ参加する(無料)

本の検索

これまで紹介された気になるフレーズ

最新情報

新着記事順

新着書籍順

投稿数順

Web読書会

キーワードを設定して記事を絞り込む

[1]  << 前へ  11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 |  次へ >>  [221]

偽窓(9784794808257)

P.45 の気になるフレーズ

「いいえ、結構ですわ。これからお芝居を観に行くんです」
「そうですか。しかもご夫人は、フリーパスで死者たちの芝居もご堪能できますね。彼らは舞台で演技をしているようなものですから」
老夫人の顔がぱっと明るくなった。ドアの所で彼女はいったん振り返り、こう言った。
「生きている私たち人間も同じようなものですわ」

偽窓(9784794808257)

総コメント数:1 投稿者:kukka55 投稿日:2018-12-17 11:36:30

偽窓(9784794808257)

P.26 の気になるフレーズ

生活の基本条件が変わり、日常が思い出になりつつあるときこそ、普通と呼ばれているものをしっかりとつかまえておくことが大切だとガードは言った。

偽窓(9784794808257)

総コメント数:1 投稿者:kukka55 投稿日:2018-12-17 11:22:50

偽窓(9784794808257)

P.10 の気になるフレーズ

そんなマートンの作品を観ていると、高校時代に心理学の教科書で触れた視覚トリックやダブルイメージを思い出す。(中略)
 マートンの絵のなかで意味は隠れては現れ、消えては燃え上がり、失われては場所を変えてゆく。このすべては、本当に視覚的な遊びにすぎないのだろうか。人間の認識の特徴と奇癖をついた遊びだと?
「私にとっては、それ以上ね」マートンが言った。
「それ以上とは?」私は聞いた。
「つまり、実体とは実体のイメージだってことよ」

偽窓(9784794808257)

総コメント数:2 投稿者:kukka55 投稿日:2018-12-17 11:17:32

偽窓(9784794808257)

P.35 の気になるフレーズ

気性が激しく、人間を嫌い、ついには犬に食われて死んだ痩身のヘラクレイトス。彼はこう言った。
「私たちは目を覚ましてから共通の現実世界に移行する」
 私は、現実世界とは分かたれた幻の舞台であり、すべての人が汲みあげる夢の源泉だと思っている。覚醒か夢か、いずれかを選択する必要に迫られても、私はその決断に躊躇しない。

偽窓(9784794808257)

総コメント数:1 投稿者:kukka55 投稿日:2018-12-17 10:44:43

偽窓(9784794808257)

P.36 の気になるフレーズ

真実のない世界より、世界のない真実の方がよっぽどいい。

偽窓(9784794808257)

総コメント数:1 投稿者:kukka55 投稿日:2018-12-17 10:36:25

ボヴァリー夫人(9784102085011)

P.213 の気になるフレーズ

エマがそこにひたって生きていた熱烈な恋は、川の水が底の土に吸いこまれるように、下のほうへ退いて行くようだった。彼女の目に底の土が見えた。彼女はそれを信じようとはせず、ますます愛情をつよめた。ロドルフはだんだん冷淡をかくさなくなった。

ボヴァリー夫人(9784102085011)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-17 05:41:46

ボヴァリー夫人(9784102085011)

P.208 の気になるフレーズ

今晩は、先生(薬剤師はこのドクターという言葉を使うのが好きで、これをいうと言葉のもつなにか荘重なものが自分にもはね返ってくるような気がするのだ)

ボヴァリー夫人(9784102085011)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-17 05:31:37

ボヴァリー夫人(9784102085011)

P.203 の気になるフレーズ

それに、エマは復讐の満足を感じてもいた。いままでずいぶん苦しんだじゃないか。が、いま勝った。長いあいだおさえてきた恋が、たのしく沸騰してすっかり一度にわき出した。もうなんの自責も、不安も、心配もなく、この恋を味わっているのだ。

ボヴァリー夫人(9784102085011)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-16 08:51:47

ボヴァリー夫人(9784102085011)

P.187 の気になるフレーズ

「五十四年間勤続。銀牌。二十五フラン。これ、おまえさんがいただくんだぞ」
老婆は賞牌をもらうと、じっとそれを見た。と、いかにもうれしげな微笑が顔中にあふれ、去りながらこうつぶやくのが聞こえた。
「これ村の司祭さまにあげるだで。そしておミサあげてもらうべ」

ボヴァリー夫人(9784102085011)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-15 16:19:25

ボヴァリー夫人(9784102085011)

P.177 の気になるフレーズ

なァに、義務とは偉大なものを感じ、美しいものを求めることで、なにからなにまでの社会の慣習をそのためにうける屈辱といっしょにうけいれることじゃないんだ。

ボヴァリー夫人(9784102085011)

総コメント数:2 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-15 16:02:36

[1]  << 前へ  11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 |  次へ >>  [221]