自宅で参加できる読書会
NO. 00088399 DATE 2018 12 11

読書会サイト「RETHAC」とは

Web上で読書会を行うサイトです。
時間も場所も選ばずにいつでもどこからでも
読書感想や意見を交換することができます。

「初めての方へ」より

登録して今すぐ参加する(無料)

本の検索

これまで紹介された気になるフレーズ

最新情報

新着記事順

新着書籍順

投稿数順

Web読書会

[1]  << 前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [209]

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)(9784102085011)

P.26 の気になるフレーズ

こんなにあの娘に会うなと禁じられるのは、愛する権利をあたえられたようなものだ、一種の無意識の偽善からそんなことを考える。

ボヴァリー夫人 (新潮文庫)(9784102085011)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-04 05:29:07

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

P.595 の気になるフレーズ

彼女の眠りを妨げるだと? なにを云う! 昼夜を分かたず俺を悩ませてくるのは彼女のほうだ、この十八年間というもの――絶えることなく――情け容赦もなく。

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

総コメント数:6 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-03 06:13:28

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

P.595 の気になるフレーズ

彼女の眠りを妨げるだと? なにを云う! 昼夜を分かたず俺を悩ませてくるのは彼女のほうだ、この十八年間というもの――絶えることなく――情け容赦もなく。

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

総コメント数:6 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-03 05:23:08

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

P.595 の気になるフレーズ

彼女の眠りを妨げるだと? なにを云う! 昼夜を分かたず俺を悩ませてくるのは彼女のほうだ、この十八年間というもの――絶えることなく――情け容赦もなく。

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

総コメント数:6 投稿者:kukka55 投稿日:2018-12-02 19:06:09

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

P.697 の気になるフレーズ

ともあれ、当時の評論界は「嵐が丘」の猛々しいまでのパワーとイマジネーションに瞠目するものの、小説のリアリティという面では評価に困っていたようだ。

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-02 07:17:38

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

P.685 の気になるフレーズ

それから、悪事の懺悔云々というか、俺は悪事など働いたことがないんだから懺悔することもない――幸せすぎるぐらい幸せだが、その一方、まだ充分幸せとは云えないんだな。魂の至福はこの身を滅ぼしてなお、飽くことを知らんのだ」

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-01 06:32:00

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

P.683 の気になるフレーズ

あたしに聞きとれたのは、キャサリンの名前と、それにともなう愛と苦しみの狂おしい言葉だけでした――まるで、そこにいる相手に語りかけるように、低く、熱っぽく、魂の奥底からしぼりだすような声で云うのです。

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-01 06:23:48

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

P.678 の気になるフレーズ

「もしや、食屍鬼か吸血鬼では?」あたしは考えこみました。そんな恐ろしい悪魔の化身がいると、ものの本で読んだことがあったんです。

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-12-01 06:15:39

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

P.665 の気になるフレーズ

ネリー、不思議な変化が訪れようとしている――俺はもうその影のなかにいるよ

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-11-30 06:09:30

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

P.661 の気になるフレーズ

それを聞いて嬢ちゃんは、なるほど、彼はヒースクリフの悪評はよくよく承知なのだ、ふたりは理屈では切っても切れない強いきずなで結ばれており、その鎖は日々の暮らしのなかで盤石なものになっているのだから、解こうとするのがむしろ酷なのだとさとったようです。

嵐が丘 (新潮文庫)(9784102097045)

総コメント数:1 投稿者:goodbook 投稿日:2018-11-30 05:59:13

[1]  << 前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 |  次へ >>  [209]